2005年10月29日

自分の意思に身を委ねる

僕達は、自分の人生を自分だけで判断している気がするが、とんでもない。

あらゆる情報が、僕の人生の判断に関わってきた。

それらの情報、噂、事実から自分の判断を出していくのだが、これに身を委ねることができるか?と言うと、難しい。

特に自分の利益になるかも知れない情報、状況を断ち切ることができるか?

次の電車は来ないかもしれないのだ。

そんな時でも、アカギは、スパッと自分の利を見切り、自分の判断に身を委ねることができる。


鮮やかな生き方に憧れる。。。
posted by ホーライ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(1) | アカギ的生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝負師の決断力

勝負師、ギャンブラーは『決断力』が全てだ。

実在する勝負師、それも一流中の一流の勝負師、羽生名人の判断力もすごい。

将棋の羽生名人に学ぶ『決断力』の決断方法

 決断力




決断力


大局観から、一瞬の閃きまで、『決断力』は勝負、ギャンブルの世界だけでなく、日常においても重要なスキルだ。

なにせ、人生は決断の連続だからね。


posted by ホーライ at 07:19| Comment(0) | TrackBack(1) | アカギの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカギの生き方 その最大の特徴

 
アカギは自分の判断に、何の躊躇も無く身を任すことができる。

これが、アカギの生き方の根底にある。


ギャンブルで有ろうと、会社での行き方であろうと、これはたやすくない。

判断は誰だってできる、しかし、迷う。

特に利害が関わってくると、ますます迷う。


こんな時、アカギは自分の天性の勘に身を任せるというスキルがある。

これは、なかなか、できることではありません。 特に僕のように煩悩の固まりはね。



posted by ホーライ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アカギの行動様式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻雀漫画の金字塔 アカギ

麻雀漫画という特殊なジャンルにおいて、初めて累計1千万部以上の売上を達成した「アカギ」。
その魅力とは?

この漫画の主人公、アカギの生き方、考え方、行動様式に惹かれるからだ。

麻雀物語と言えば阿佐田 哲也の「麻雀放浪記」が有名だ。




賭博や博打、ギャンブルと言うと「人間性」が剥き出しになる状況下なのでで人間に考え方、行動の仕方、生き方が、もろに出る。

だから、面白い。

「アカギ」の場合は人生観や死生観まで行っている。

それが僕にはたまらなく共鳴できるのだ。



posted by ホーライ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アカギ的生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。