2011年05月22日

愛していた、無念を。

死ぬことは無念。


でも、「無念であることが、そのまま『生の証』だ。」

考えてみれば、生きるということは、「思うようにいかぬことばかり」で「不本意の連続、時には全く理不尽な、ひどい仕打ちだってある。」

それでも、その無念な現実、あるいは不本意は受け入れて噛みしめるべきもの。

そんな無念、不本意があるからこそ、人は希望を抱き、努力し、向上しようとし、数少ない確かに存在する人生の「輝き」とも言える瞬間が際立つ。

「無念が『願い』を光らせる」のだ。

「くたばるのは無念。」

その無念を愛していたのが自分だ。


ブログランキング

posted by ホーライ at 07:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 人生なんて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

明日から頑張るんじゃない。今日・・・今日だけ頑張るんだ

『明日から頑張るんじゃない。今日・・・今日だけ頑張るんだ。 今日がんばった者、今日がんばり始めた者にのみ、明日が来るんだ。』

明日、頑張ろう、という発想からは、どんな芽も吹きはしない。

そのことに20歳を超えて、まだわからないのか?

もちろん、わかっているが、必死になって頑張ることがあまりに大変で面倒臭いから、ついつい先送りにしてしまうのだ。

しかし、今日できなかった大変で面倒臭いことは、本当に明日になったらできるのだろうか?


言うまでも無く、「明日から」「次から」なんていう先送りは単なる逃げ。

そんなことをやっているうちは、永遠に頑張るはずの明日はやってこない。



がんばるのは今日。今、このときしかない。



ブログランキング


posted by ホーライ at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アカギ的生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

『人は俺を見てなんかいなかったよ』

思っているほど、人は他人を見ていない。


どんな人間でも基本的には他人から良く思われたいもの。

そんな思いが度を越していくことによって、見栄・体裁・面子・世間体・虚栄心なんていうものを気にするようになっていく。

そしていつしか「自分が何をやりたいのか」よりも「他人に自分はどう見られているか」が重要になり、行動を縛られていくようになる。

まさに本末転倒だ。


他人の目、評判が気になってしまうのは、自分自身に対する自信のなさの表れでもある。

自分にしっかりとした自信があれば、他人にどう思われようとも気にならないものだ。


そして、たいていの場合は自分が思っているほど他人のことなど気にかけてはいない。


posted by ホーライ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間なんて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『奴ら可能性を見ていない。可能性を追わないからクズ』

奴ら・・・・可能性を見ていない。

気持ちが状況に押しつぶされ、わずかだけど、まだ残っている「勝ち」への道を閉ざしているんだ、自分から。

言っちゃ悪いが、奴ら正真正銘のクズ。

負けたからクズってことじゃなくて可能性を追わないからクズ。


諦めるな!

可能性を追え!


敗色濃厚なとき、自分で勝手にあきらめて勝利の可能性を追わなければ、その時点で敗北が決定する。

負ける直前まで追い詰められてしまったとき、苦しい戦いの道を選ぶよりあきらめて泣いているほうが楽かもしれない。

しかし、そんなときこそ歯を食いしばり、冷静に勝利の道を探り、わずかでも可能性があれば、そこに食らいつく。

それだけが逆転勝利を可能にする。


ギャンブルだけでなく、スポーツや試験、果ては戦争に至るまで、古今東西あらゆる勝負師における「奇跡の逆転劇」は、全て敗れそうになっていた側が、あきらめずに最後まで勝利の可能性を追い続けたことによって起きているのだ。


『可能性を追わないからクズ』


人生を逆転する名言集


人生を逆転する名言集 2



ラベル:勝ちへの欲望
posted by ホーライ at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負に対する姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

『うまく生きれずとも、輝きが大事。』

うまく生きれずとも・・・人から見たら、徒労、不毛に見える悪あがき、苦しみだとしても・・・・・

輝きだ!

かけがえのない時間なんだ。


人間の価値はどうやって決まるというのだろう。

金、才能、容姿、地位、権力、名誉・・・・。

そんなものの有無が決めるのだろう。

でも、実際には人間の価値なんて、そんな「持ち物」の多寡によって他人に決められるものではないはずだ。

たとえ、他の人からみて劣っている人間に見えようとも、その個人の人生の中には他人にはわからなくとも輝かしく、かけがいのない時間がある。

そんな時間の価値は相対的なものでは決して計れない。

それでも、それは個人の人生の中でいつまでも輝き続けるものなのだろう。

そして、そんな大切な時間を貶め、奪う権利は誰にもないのだ。

posted by ホーライ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アカギ的生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

『一生迷ってろ。 そして失い続けるんだ。 貴重な機会を・・・・・』

チャンスに備えろ。そして迷うな!

欲しいものを手に入れるために重要なことはなんだろう?

まずは自分が欲しいものが何なのかをはっきりと自覚すること。

次に、それが目の前に差し出されたとき、迷わずすぐに手を伸ばすことだ。


チャンスは有限。

迷っている暇はない。

『世間は母親ではない。おまえらクズの決心をいつまでも待ってはくれない。』


手に入れたいものがあるのなら、常に目的意識を持っていなければならない。

「欲しいなぁ」なんて、ただぼんやり考えているから、チャンスが訪れても気づかず、ようやく気づいてもウダウダと迷い、グズグズと決断できないうちに幸運の女神は逃げて行ってしまう。

それを追いかけてももう遅い。

幸運の女神には後ろ髪はないのだ。


福本伸行『カイジ』より
posted by ホーライ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アカギ的生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。